葛飾北斎(青年期)
自らを画狂人と呼び、絵に全てを捧げた天才絵師。若き日に苦悩を重ねるが、苦心の末、開眼。圧倒的な画力と唯一無二の創造性でヒット作を量産。芸術家が抑圧される中で、筆で抗い続ける不屈の革命家。
柳楽優弥
1990年生まれ、東京都出身。是枝裕和監督作品『誰も知らない』(04)にて、第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を日本人初、史上最年少で受賞。以降、映画・テレビ・舞台で幅広く活躍。主な映画出演作品は、『シュガー&スパイス風味絶佳』(06)、『包帯クラブ』(07)、『すべては海になる』(10)、『許されざる者』『ゆるせない、逢いたい』(13)、『クローズEXPLODE』『闇金ウシジマくんPart2』『最後の命』(14)、『合葬』(15)、『ピンクとグレー』『ディストラクション・ベイビーズ』(16)、『銀魂』シリーズ(17・18)、『散り椿』(18)、『夜明け』『泣くな赤鬼』『ザ・ファブル』(19)など。そのほか、7月スタートの主演ドラマ「二月の勝者」(NTV)が決定している。
葛飾北斎(老年期)
自らを画狂人と呼び、絵に全てを捧げた天才絵師。若き日に苦悩を重ねるが、苦心の末、開眼。圧倒的な画力と唯一無二の創造性でヒット作を量産。芸術家が抑圧される中で、筆で抗い続ける不屈の革命家。
田中 泯
1945年生まれ、東京都出身。74年に活動を開始し、78年にルーブル美術館において海外デビュー。02年の『たそがれ清兵衛』でスクリーンデビュー、同作で第26回日本アカデミー賞新人俳優賞、最優秀助演男優賞を受賞。ほか、主な映画出演作は『隠し剣鬼の爪』(04)、『メゾン・ド・ヒミコ』(05)、『八日目の蝉』(11)、『外事警察 その男に騙されるな』(12)、米映画『47RONIN』『永遠の0』(13)、『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』(14)、『無限の住人』『DESTINY 鎌倉ものがたり』(17)、Netflix映画『アウトサイダー』『羊の木』『人魚の眠る家』(18)、『アルキメデスの大戦』(19)、韓国映画『サバハ』(19・未)。近作に『峠 最後のサムライ』(20)。
蔦屋重三郎
絵や本の版元であり、出版販売もしている耕書堂の店主。北斎、歌麿、写楽など、江戸を熱狂させる絵師を続々と育て、輩出した当代きってのプロデューサー。早くから北斎の才能を見抜き、気にかけている。
阿部 寛
1964年生まれ、神奈川県出身。12年公開の『テルマエ・ロマエ』で第36回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞、第38回では優秀主演男優賞と優秀助演男優賞をダブル受賞。主な映画出演作に『トリック』劇場版シリーズ(02・06・10・14)、『新参者』シリーズ(12・18)、『歩いても歩いても』(08)、『海よりもまだ深く』(16)など、数多くの作品に主演。
柳亭種彦
武士の家系でありながら文才に溢れ、剣よりも筆を好んだ戯作者。北斎とは幾度もタッグを組んでいる盟友。芸術を取り締まる立場でありながら身分を隠し、強い信念を持って作品を作り続けた。
永山瑛太
1982年生まれ、主な映画出演作に東京都出身。『アヒルと鴨のコインロッカー』(07)、『ディア・ドクター』『余命1ヶ月の花嫁』(09)、『まほろ駅前多田便利軒』シリーズ(11・14)、『ワイルド7』『一命』(11)、『僕達急行 A列車で行こう』(12)、『64-ロクヨン-前編/後編』(16)、『ミックス。』『リングサイド・ストーリー』『光』(17)、『友罪』(18)、『闇の歯車』(19)『太陽の家』(20)など。
喜多川歌麿
江戸中に名を馳せた美人画の大家。常に最高の美を追い求める歌麿の能力を最大限引き出すべく、重三郎は金を出して遊郭に住まわせている。表情や構図など、独自の表現方法で人気を博す。
玉木 宏
1980年生まれ、愛知県出身。01年公開の『ウォーターボーイズ』で注目を集め、06年放送の人気ドラマの劇場版『のだめカンタービレ』シリーズ(09・10)で人気を博す。主な主演作に『ただ、君を愛してる』(06)、『真夏のオリオン』『MW-ムウ-』(09)、『幕末高校生』(14)、『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』(16)、『悪と仮面のルール』(18)など。
コト
北斎を支える良妻。
瀧本美織
1991年生まれ、鳥取県出身。NHK連続テレビ小説「てっぱん」(10)でヒロインに抜擢され注目を集める。主な映画出演作に『彼岸島』(09)、『貞子3D2』(13)。声優として『風立ちぬ』(13)、『天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜』(15)など。
高井鴻山
北斎の弟子。酒造で財を成した高井家の跡取り。
青木崇高
1980年生まれ、大阪府出身。主な出演作に『一命』(11)、『るろうに剣心』シリーズ(12・14)、『雨にゆれる女』(16)、『モリのいる場所』『来る』(18) 『サムライマラソン』(19)など。『るろうに剣心 最終章 The Final』が7月3日(金)公開予定。
INTRODUCTION
This is the hidden tale of the birth of a masterpiece by a painter who resisted pressure and stayed true to his beliefs.
The Edo Period was an era where freedom of expression was suppressed by the shogunate. In that time there lived a master painter who followed his own true path and changed the world: the genius painter, Katsushika Hokusai. His art made an impression on the minds of great artists like Van Gogh and Monet and inspired them. But what was the life of Hokusai like? What was it like in that moment, when he first created that famous ‘wave’ that has continued to capture the hearts of people for over 200 years? Now, discover the untold story of the unconventional Hokusai.
STORY
Hokusai is a talented painter, but he still lives on the brink of poverty. One day, he is discovered by the popular ukiyo-e publisher, Tsutaya Juzaburo. Hokusai lost confidence as painters like Utamaro and Sharaku gained popularity, but Juzaburo pushed him to find his unique voice, allowing his talent to flourish. Then, Hokusai learns that his friend, playwright Ryutei Tanehiko, has been killed by the government after refusing to comply with their ban on his work. Hokusai, consumed with anger, decides to risk his life to create a painting worthy of his unwavering friend…
CHARACTER